TAPの現在地 - たっぷり会, ベースプログラム - 中間支援プログラム

2024春のジッケン・ツアー!自転車でスタジオビジットvol.3

終了しました 2024/02/13


今年も春がきました、ジッケン・ツアーの季節です。
自転車で春の取手とスタジオをめぐってみませんか。
活動パートナーとTAPが開発中プログラムを”やってみる”ジッケン・ツアー開催

自転車にゆかりあるまちであり、アートのまちでもある取手で、自転車によるスタジオビジットと取手めぐりの”ジッケン・ツアー”。だんだん春恒例になってきました。
今回は取手の西の方に、足ならぬペダルを伸ばします。
開発途上のプログラムに体験メンバーとして参加して、企画を揉んだり育てたりしてみたい方のご参加を、今回も心からお待ちしています〜。

プログラムの流れ

①事前調査&開発中プログラムのご紹介
まだ定まりきっていないけれど可能性を感じているプログラムとその企画背景をコーディネーターが(参加者の方の興味に応じて)お伝えします。

②ジッケン!
プログラムを参加者みなさんで体験します。

③フィードバック・チャット
最後に本日のジッケン体験を経ての発見・感想・アイディアをシェアし合います。
(企画会議になってしまったら、それはそれでご容赦を!)
人と話すと妄想ふくらんじゃう方、実施テーマに惹かれた方、まだ完成していないものに興味がある方などなど、どなたでも歓迎です。お気軽にお申し込みください。

 

2024・春 開発中プログラム ジッケン!ツアー
自転車でスタジオビジット+取手の街を走ってみる vol.3

今回のジッケン・ツアーは、毎回好評!の自転車によるスタジオビジット&まちめぐりです。実は「自転車」と「アート」がTAPの起源。TAPのはじまりは、放置自転車をカラーリングして、街なかの作品やアトリエを訪れるところにありました(それがTAPのロゴにも表れています)。そして取手には競輪があり、市内の高校にも、市役所にも自転車部があったりする、実は自転車ラバーズの多い街。
春になったら利根川沿いのサイクルステーションで自転車の貸し出しもはじまります。「自転車」と「アート」をキーワードに、ペダルをこいでさぁジッケン!

日時
2024年2月24日(土)10:00集合、15:00解散予定  *荒天時延期:3月2日(土)
ルート
集合場所:取手ウェルネスプラザオープンテラス ー 戸頭方面のスタジオ数件訪問&取手のまちをENJOY ー 取手駅帰着(予定)
必要なもの
自転車(ママチャリでもOK・貸出を希望の方はお知らせください)、動き易い服装、水分補給用の飲み物、おおむね外での活動になりますので気候に合わせて防寒・暑さ&日差し対策をお願いします。
定員
10名 *先着順
参加費
1,000円(保険料込) *ランチ代は各自ご負担ください。
一緒に走る人
添田フジオ(TAPプロジェクトメンバー・トリばァ1期生)ほか

お申し込みはこちらから!

申込フォームはこちら  *2/23受付を締め切りました
 

訪問するアーティスト&アートスポット

海老原 靖
(美術家)

InstagramART LIVES TORIDE紹介ページ

大垣 美穂子
(現代美術家)

InstagramART LIVES TORIDE紹介ページ

熊谷 雲炎
(書家・現代アーティスト)

アーティストウェブサイトART LIVES TORIDE紹介ページ

富田 直樹 
(ペインター)

*2/24(土)のみ

InstagramART LIVES TORIDE紹介ページ

●当日は、上記スタジオのほか、駅西方面から戸頭エリアのスポットをめぐります!お楽しみに。

なんでこのジッケン?

  • 取手駅東口駅前の開発完了タイミングと放置自転車の活用が誕生のきっかけの一つになった取手アートプロジェクト。放置自転車をカラフルに塗り、その自転車に乗って駅前から、作品が展示されている場所、または開かれたアーティストのスタジオを巡りながら、新たな街の風景や魅力を発見する仕組み(取手リ・サイクリングプロジェクト)として1999年にスタートしました。TORIDEが組み合わさって自転車になるTAPのロゴは、東京藝術大学先端芸術表現科できたて当時の日比野克彦さんが描いたものです。
  • 自転車と取手の関係。取手競輪場があり、近年は、施設の公開と活用の取り組みも進み、自転車を志す人材の育成や輩出、また地域のアーティストたちと連携したアートイベントも10年来開催されてきてもいます。(取手の放置自転車を素材にして巨大な作品をつくる作家も近年活躍しています!)
  • 前回は駅前から藝大取手校地のある小文間エリアでしたが、今回は西の方へ初めてのチャレンジ。走行距離もしっかりあります。猪に気をつけながら、利根川河川敷の快適な走行を楽しむサイクリングになりそうです。
  • これから先、地域の中の人も外の人も、取手の街とアートを体験するときの一つの楽しい方法として、自転車でめぐるアートの実験を継続的に。今回のジッケン参加のみなさんに会えるのを楽しみにしています!

当日のご参加にあたって

・ほぼ終日、屋外での活動になります。防寒対策・日差し対策・水分補給など、必要な装備は各自ご準備ください。

・熱のある方/体調不良の方の場合は、無理してご参加なさらないようお願いいたします。
・天候等の影響により、延期や開催見送り・内容変更の判断をする可能性がございます。最新情報は取手アートプロジェクトウェブサイトにてご案内するとともに、参加ご予約の方にご連絡をいたします。

 

主催・助成等

主催 取手アートプロジェクト実行委員会(取手市、東京藝術大学、アート取手、取手市教育委員会、取手市商工会、財団法人取手市文化事業団、一般社団法人茨城南青年会議所、取手美術作家展、特定非営利活動法人 取手アートプロジェクトオフィス)/茨城県南芸術の門創造会議

助成等 文化庁 令和5年度 文化芸術創造拠点形成事業/自治総合センター 令和5年度 地域の芸術環境づくり助成事業

関連する記事

  • 終了しました

    2023年度「となりのスタジオ ーつぶから形への旅ー」

  • 開催中 2024年1月〜

    TAP25公演に向けて、noteがスタートしました

  • 終了しました 2023年11月28日(火)・12月5日(火)

    レポート:2023年度『大地からはじまること』第3回・第4回