TAPの現在地

まちなかをつかったフェスティバル型活動と通年型プログラムの実践を経て、郊外のまちならではのアートプロジェクトを模索してきたTAP。2019年現在もふたたび転換期の真っ只中にあります。20周年を迎えた今年からは、複数年をかけて取り組んできたコアプログラム《アートのある団地》《半農半芸》を通じて育ててきた2つの拠点に加え、2017年に始動した「藝大食堂」を中核として、拠点をベースとした持続可能な活動体への移行期間に入りました。アートプロジェクトがより生活に近く、「常にそこにある」ことを目指す文化創造の場づくりへの挑戦です。

プロジェクト

  • 継続中

    ウィークエンド藝大食堂

    藝大食堂で、耕す、すごす、つくる週末

  • 継続中

    取手アートプロジェクト・クロニクル

    未来を探るため、過去に出会い直す旅路の記録とこれから

  • 継続中2019年10月スタート!

    たっぷり会

    現在のTAPの活動をたっぷり!お届けします