ベースプログラム - 中間支援プログラム

レポート:令和3年度「放課後アートの時間」杉村紗季子の活動

終了しました 2022/01/19


各芸術家活動レポート

杉村 紗季子

寺原小学校 はやぶさクラブで4回活動 (2021/10/18~12/1)
白山小学校 こばとで3回活動 (2022/1/12~19

素材に触れて感じたことや可能性を形にするプログラム。前半は1本の針金を自在に曲げて、杉村さんと大きなクラゲを共同制作したり、ハロウィンのカボチャや各自の好きな生き物の形を作ったりしました。後半はハサミと細いワイヤーも使って、紙コップをクリスマス飾りなどに変身させました。限られた素材から子どもたち一人一人が柔軟に発想を広げ、個性が光る作品に仕上げていました。

杉村紗季子(すぎむら さきこ/鋳金作家)
東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻鋳金修了。金属やガラスを組み合わせた繊細なオブジェを制作し、ギャラリー等に出品するほかオーダー作品制作を続ける。茨城県立取手松陽高等学校非常勤講師、子ども向け絵画教室やワークショップの講師を歴任。
【HP】http://sugimurasakiko.com/

関連する記事

  • 近日開催 2022年6月1日 (火)〜6月20日(日)まで

    保護中: 令和4年度 取手市内の放課後子どもクラブで活動する芸術家を募集します

  • 近日開催 2022年6月1日 (水)〜6月20日(月)まで

    保護中: ART LIVES TORIDE 2022年度参加アーティスト募集!

  • 終了しました

    レポート:令和3年度 芸術家パートナーシップ「放課後アートの時間」