アートのある団地 - 深澤孝史「とくいの銀行」

とくいの銀行第2回ひきだそう会「井野団地生活祭」

終了しました 2014/11/10


「団地にかかわるみんなのとくいでできたいつものくらしのおまつりです。」

tokuino_2ndhikidasoukaiとくいの銀行井野本店、第2回ひきだそう会開催!今回のテーマは「井野団地生活祭」。暮らしにまつわるとくいが一斉に引き出されます。身軽な心と格好で、日常生活の片鱗あふれる一日の「いつものくらしのおまつり」、ぜひご参加ください。

ひきだされる「とくい」の一例
歯磨き/大正琴/リコーダー/猫の居そうな場所探し/アマチュア無線/グライダー/しおり/縄文アクセ/関節技を教えてもらってかける/漫画/梱包バンド工作/鬼ごっこ/電子音楽/野鳥の写真/あみもの/ガンダム/イラスト/絵/折り紙/石鹸生活の提案/ハングル ほか

日時
2014年11月23日(日) 13:00-16:00 参加無料
場所
いこいーの+Tappino(茨城県取手市3-19-104)ほか取手井野団地3街区および1街区各所

 

とくいの銀行 WEBサイト

http://tokuinobank.blog.fc2.com/
◎「とくいの銀行」三店舗合同公式ウェブサイトどうやら間近!?

頭取のご紹介

深澤孝史 ふかさわ たかふみ

美術家/取手アートプロジェクト《アートのある団地》パートナーアーティスト<br />1984年山梨県生まれ。2008年に鈴木一郎太とともにNPO法人クリエイティブサポートレッツにて「たけし文化センター」を企画。2010年個展「うんこふみふみたかふみ文化センター」。2011年より取手アートプロジェクトにて、お金のかわりに自身のとくいなことを運用する《とくいの銀行》を開始。2012年に浜松の中心市街地にて、様々な場や活動を障害物にしたイベント「しょうがいぶつマラソン2012」(浜松)を企画。また、越後妻有大地の芸術祭にて、非常事態を表現活動に翻訳する「非常美術倉庫」を制作。2013年、山口情報芸術センター10周年記念祭にて、とくいの銀行を運営しつつ、商店街のまちづくりを劇的に行った《とくいの銀行 山口》。2014年、発達のゆるやかな幼児の通所施設「根洗学園」で行ったプログラムの展覧会「おべんとう画用紙」、土で現像する写真スタジオ《photoground》(めぐるりアート静岡、2014)を制作。

とくいの銀行の銀行員になりませんか?

「とくいの銀行」では、新たにとくいの「引き出し」「預かり」「利用促進」をおこなう”銀行員”を募集しています。「とくいの銀行」の行員はどなたでもなれます。これから「とくい」を預けたいと思っている人も大歓迎!
※銀行員の活動は無償ボランティアとなります。予めご了承ください。

お問い合わせ

取手アートプロジェクト実施本部
TEL/FAX:0297-72-0177(TEL のみ火・金 13:00~17:00)
E-mail:tap-info@toride-ap.gr.jp

関連する記事

  • 終了しました ご予約申込締切:7月7日(木)

    サンセルフホテル2016年秋の回、予約受付開始!

  • 終了しました 2015年4月18日[土]-19日[日]

    サンセルフホテル第5回宿泊本番は今週末!

  • 終了しました お知らせ

    お知らせ:サンセルフホテル2016年春の回について