アートのある団地 - いこいーの+Tappino

【1月1日 受付開始・キャンセル待ち受付中】UR都市機構 x TAPアートのある団地:アートのある郊外&団地の新しい暮らし探訪ツアー

終了しました 2023/12/22


”暮らし”ながら”表現する”団地。
創造的な郊外の暮らし、生活と地続きの未来を想像するツアー

UR都市機構・取手アートプロジェクトコラボレーション企画
アートのある郊外 & 団地の新しい暮らし探訪ツアー

取手アートプロジェクト(TAP)が2010年度から継続してきた《アートのある団地》。地域の方と芸術家がかかわり早や13年目となる2024年、いよいよさらに一歩進みます!
その第一弾として、まだ空間として生まれたばかりの団地の”新たな場”と、今すでに郊外のまち・取手を重ねる芸術家たちを訪ねるツアーを開催します。

郊外は、芸術家にとっても、芸術家を生業としない私たちにとっても「創造的にいられるまち」だと考えるTAPが、団地の新しい未来を考えるUR都市機構と改めて連携します。

 「自由に個性を伸ばせる場所」が団地の生活空間と階段一つでつながったら?

 団地の中の公共の場を、ここに”暮らす人”たちが創造的な実験をできる仕組みに変えていけたら?

多様なルーツを持つ人びとが暮らす郊外での、新たな実験のはじまりをご紹介する1日です。

日時
2024年1月13日(土)13:00-17:00
集合場所
取手駅西口改札前(JR常磐線・関東鉄道常総線「取手」駅)
参加費
無料
定員
先着15名
ご確認ください
*市内はバスにて移動します。 *団地1Fから5Fまでの階段の往復が数回あります。

お申し込みはこちらから!

アートのある郊外&団地の新しい暮らし探訪ツアー お申し込みフォーム

*2024年1月1日、公開しました!
2024.1.2更新: 大変ご好評をいただき、現在キャンセル待ちとなっております。
ご了解いただける方は申し込みフォームへお進みください。

なお同日、4-5Fセット住宅のみの内覧会も開催されます。情報はこちらから!

 

ツアーでの探訪ポイント

  • 芸術家のシェアスタジオやアートのまち・取手市に点在する芸術家の活動拠点を訪問
  • 団地内新企画住戸(モニター物件含む)見学をはじめ、地域のハブとなる活動拠点や団地内のスタジオを訪問
  • 団地の新しい部屋をめぐるトークセッションでは、団地での暮らしをスタートした芸術家・アートNPO・UR担当者が自分らしく楽しむ団地での暮らしについてお話しします

本ツアーでは、取手井野団地に新しく登場した、4-5Fセット住戸を初公開します

イラストレーション制作協力:平井亨季
(アートのある団地パートナーアーティスト/井野アーティストヴィレッジ104所属)

お問合せ・企画運営

特定非営利活動法人 取手アートプロジェクトオフィス
〒302-0012 茨城県取手市井野団地3-19-104
Tel:0297-84-1874(火・金13:00-17:00)
Fax:0297-84-1875
Email:tap-info@toride-ap.gr.jp
WEB:toride-ap.gr.jp

関連する記事

  • 終了しました

    2023年度「となりのスタジオ ーつぶから形への旅ー」

  • 開催中 2024年1月〜

    TAP25公演に向けて、noteがスタートしました

  • 終了しました 2024年2月24日(土)*雨天延期 3月2日(土)

    2024春のジッケン・ツアー!自転車でスタジオビジットvol.3