アートのある団地 - いこいーの+Tappino

いこいーの哲学カフェ#07 番外編:たき火を囲んでみる

2018/01/27


団地の広場で、たき火します。


日常の中で出会うさまざまな「問い」について、お茶を飲みながら、やさしい言葉で語り・聞きあう「いこいーの哲学カフェ」。

今回は番外編。井野団地の真ん中の公園で、たき火をします。

ずっと昔から人間の生活の中心にあったたき火は、考えることや、対話することを自然に促してしまう「哲学装置」でもあります。
たき火を介して、集まった人たち、通り過ぎる人たちとゆるく共有する場をひらきたいと思っています。

たき火を見ながら感じることや思いを、誰かとぽつぽつ話してみたい人も。たき火の世話をしたり、ただじっと火を見ていたい人も。あたたかい飲み物や、マシュマロなんかも用意して、お待ちしています。

日時
2018年2月10日(土)13:00くらい~薪がなくなるまで
場所
いこいーの+Tappino(茨城県取手市井野団地3-19-104・井野ショッピングセンター)前の広場
参加費
投げ銭制 ※小さなお子さんも、どうぞ。

【参加にあたって知っておいていただきたいこと】
・参加申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
・雨の場合は、室内でゆったりお茶を飲む時間になります。
・たき火をするかどうか、当日9:00までに、FacebookイベントページTAPfacebookページ、及びTAPtwitterでお知らせします。
・当日のお問い合わせは、11時以降、050-3410-1868(いこいーの+Tappino)でお受けします。

【これまでの「いこいーの哲学カフェ」】
いこいーの哲学カフェ#06「『空気』について考えてみる」2017/10/21(土)
いこいーの哲学カフェ#05「生と死について考えてみる」2017/8/12(土)
いこいーの哲学カフェ#04「『アート』についてぶっちゃけてみる」2017/4/8(土)
いこいーのこども食堂×哲学カフェ#03「分ける」2016/12/18(日)※こども食堂と同時開催
いこいーの哲学カフェ#02「私たちはなぜ学ぶのか?」2016/9/25(土)
いこいーの哲学カフェ#01「自由ってなんだろう?」2016/7/3(日)
哲学カフェ「常識ってなんだ?」2016年3月12日(土)※とくいの銀行引き出しイベントとして開催

コーディネーター

菅谷 宏一(すがや対話工房代表・ミーティングデザイナー)

10644564_675336069201348_4894535510238527441_n地域や組織を支える「対話の場づくり」を応援する活動をしています。
もともとは中学・高校・学習塾の講師、家庭教師として子供の学びに関わっていましたが、大学院のゼミで哲学カフェと出会い、一人ひとりが生かされ刺激しあう対話の楽しさ・素晴らしさに目覚めました。
まちづくりや企業研修、教育、研修、会議、カフェ、パーティーなどで対話の場づくりに携わっています。
あなたも一緒に対話を楽しみませんか?
sugaya-dialogue.ws

お問い合わせ

取手アートプロジェクト実施本部
TEL/FAX:0297-84-1874 (TELのみ火・金 13:00~17:00)
E-mail:tap-info@toride-ap.gr.jp

関連する記事

  • 2017年3月25日土11:30-13:00

    いこいーのこども食堂 春のピクニック! 開催します 

  • 2013年2月7日(木)

    《レポート》宮田篤+笹萌恵|2月7日

  • 2011年12月12日(月)

    カラダが楽になる呼吸法と発声法シリーズ・ボイスWS+ナイトライブ