1999年〜現在までの、TAPの思い出募集!

いよいよ20歳!みなさんからのTAPの記憶・思い出を集めて、演劇作品をつくります

取手市で1999年にスタートした取手アートプロジェクト(TAP)は、2019年度で20周年を迎えます。人で言えば成人を迎えるこの機会に、TAPでは劇作家の羊屋白玉氏とともに取手のアートの20年をめぐる「演劇作品」の制作に着手しています。その作品の一部になる、みなさんのごく個人的な「TAPとの思い出・エピソード」を募集します!

取手アートプロジェクトに関するちいさな思い出から、深〜い参加経験まで、さまざまなエピソードを集めています。みなさんから寄せられた言葉の数々から、公演と記録がつくられます。エピソードが届くのを心よりお待ちしています。

エピソードの例

  • TAPのオープンスタジオでこんな作家さんのアトリエにいった
  • TAPの公募展でこんな作品を見た
  • 20xx年のこんなイベントが忘れられない
  • 小学校1年生のときに「いちねんせいのさくひんてん」に参加した
  • 夏のワークショップに参加して〇〇をつくった
  • 行ってみたかったけど一度も参加したことがない
  • いこいーの+TAPPINOでよくお茶を飲んでいる
  • TAPのひとたちが通っている学校に来ていた
  • TAPは知っているけれどあまり興味が持てなかった
  • TAPに参加していた友だちや知り合いがいる
  • 新聞やテレビで見たことがある
  • 実はこれから参加する予定  などなど……

エピソードご提供の方法

A.WEBからお寄せいただく方

こちらのフォームからどうぞ!

 

 

 

 

B.お手紙でお寄せいただく方

次の内容を明記したお手紙/はがきを以下の宛先までお送りください。
※勝手ながら送料はご負担ください。

書いていただく内容

  • 取手アートプロジェクトに関するあなたのエピソード
  • お名前
  • ご住所
  • ご連絡先お電話番号
  • 年代  ___代
  • 性別 女性/男性/その他
  • 公開の場合、匿名を 希望する 希望しない ※希望する場合ペンネームがあればお書きください
  • 追加取材 可能 NG
  • 公演出演 可能 NG
  • 質問やTAPへのメッセージ

宛先住所 
〒302-0012 取手市井野団地3-19-104 いこいーの+TAPPINO「取手アートプロジェクトの記憶係」行  

注記

※お寄せいただいたエピソードは、作品の素材としての活用のほか、何らかの形で公開される可能性があります。匿名での公開をご希望の方は、必ずチェックをお願いします。
※追加取材にOKを頂いた方には、こちらからご連絡を差し上げる場合があります。
※公演の実施は2019〜2020年を予定しています。

パートナーアーティスト紹介

羊屋白玉 ひつじや・しろたま
「指輪ホテル」芸術監督/劇作家/演出家/俳優

1967年北海道生まれ。その土地土地で出会う人びとや個人が地域独自の歴史、暮らす環境などを作品に読み込み、その場所でしか実現できない作品づくりを行う。TAPとのつながりは、2005年に取手駅前にあった旧茨城県学生寮の庭での公演「Please Send Junk Food」にはじまり、2015年よりTAP塾「めざせ!コミュニティ+アート・センター」パートナーアーティストとして取手でのリサーチを続けている。

 

TAPとは

取手アートプロジェクト(TAP=Toride Art Project)は、1999年より市民と取手市、東京芸術大学の三者が共同でおこなっているアートプロジェクトです。
芸術による文化都市を目指す取手のまちをフィールドとして、アーティストの活動支援と、市民の芸術体験・創造活動の仕組みづくりにより、芸術表現を通じた新しい価値観の創造を目指して活動しています。

問い合わせ先

取手アートプロジェクト実施本部
(事務局:特定非営利活動法人 取手アートプロジェクトオフィス)
〒300-1522 茨城県取手市高須2156 TAKASU HOUSE
TEL 0297-84-1874(火・金13-17時)
MAIL tap-info@toride-ap.gr.jp WEB toride-ap.gr.jp