ベースプログラム - こどもプログラム, ベースプログラム - 中間支援プログラム

《レポート》「鳥のかたちのバターナイフ」とりでアートの日。ワークショップ開催しました

2018/09/19


初めての切り出しナイフを使って、それぞれの「鳥」のかたちが生まれました。

2018年のとりでアートの日。最初のワークショップは「鳥のかたちのバターナイフ」。講師の菅野麻依子さんは、取手のお隣・利根町に住み、木を主な素材として扱いながら、ドメスティックな場所でのアートとコミュニケーションについての研究、制作活動を続けるアーティストです。
台風が近づく雨の中、会場のいこいーのには静かに集中した時間が流れていました。

バターナイフが出来上がるまでの工程と、ナイフの使い方の説明のあと、早速木を削り始める子どもたち。ほとんどの子は、切り出しナイフを扱うのは初めてのようで、会場は緊張した雰囲気に包まれています。

一人ひとりを丁寧に見てまわり、アドバイスしていく菅野さん。細かいところや難しいところは、保護者の方がお子さんをサポートしながら、ゆっくりと鳥のかたちができていきました。

今回使った木は「カツラ」。柔らかくて、子どもでも削りやすいのだそうです。
かたちが決まった後は、紙やすりで表面を滑らかに。粗目から細目までの3種類を使って、丁寧にやすりがけをしていきます。

仕上げは食用のクルミオイルで。生のクルミをかなづちでたたいて潰し、ガーゼにくるんで擦りつけると、オイルが染み出します。これを根気強く塗っていきます。

そして…完成!思い思いのバターナイフができました。

使った切り出しナイフは、参加者それぞれが持ち帰りました。おもしろいかたちやいい匂いのする木を見つけたら、お家でもぜひ何かつくってみてくださいね。

開催概要

日時
2018年7月28日(土) 10:00-12:00
会場
いこいーの+TAPPINO(取手市井野団地3-19-104・井野ショッピングセンター内)
講師
菅野麻依子

平成30年度 取手の芸術活動連携サポート事業(取手市文化芸術課)

お問い合わせ

取手アートプロジェクト実施本部
TEL:0297-84-1874(TEL のみ火・金 13:00~17:00)
E-mail:tap-info@toride-ap.gr.jp

関連する記事

  • 文化工房ふじしろ/間根山英明、大畑久子

    日本画の美に触れる伝統技術体験講座”箔を張る”

  • 2012年7月21日

    《レポート》井野団地ふれあい夏祭り 1日目

  • 2014/3/30

    LABO VOl.8「取手の美術史」開催