ベースプログラム - 環境整備プログラム

取手アート不動産企画「第6回 空き家活用相談会」開催!

2016/11/19


郊外の空き家を面白く再生する方法を知れる基本講座、開催!

akiya_banner2
芸術によるまちづくりのさらにリアルな形を目指して進む「取手アート不動産」プロジェクト。

関連企画として空き家のオーナーさん、市内不動産業者の方を対象に、空き家の利活用に役立つ講演会を実施します。

今回講師を務めるのは、取手・守谷などで活躍する若手建築家の青木公隆、取手アート不動産スタッフとして活動をしてきた奥村圭二郎です。

空き家にお困りの皆さん、郊外の空き家を考えることに興味関心をお持ちの方、ぜひこの機会に空き家再生の秘訣を学びにきませんか?個別相談ブースもご用意しているので、ぜひお話を聞かせてください。

日時
2016年12月10日(土)10:00〜12:00
会場
取手ウェルネスプラザ(取手市新町2-5-25)
定員
30名(先着順)
参加費
無料

内容

      • 第1部 生まれ変わる物件の魅力の見極め方・空き家再生実績紹介
      • 第2部 意見交換・相談会

講師

青木公隆(ARCO architects)

1982年生まれ。2006年東京理科大学工学部第一部建築学科卒業。2008年東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。2008年~2012年株式会社日本設計。2012年ARCOarchitects設立、茨城県守谷•取手を地元とする建築家。

奥村圭二郎(取手アートプロジェクト)

1982年東京生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。非営利組織の経営を動機に取手アートプロジェクト(TAP)に関わり、運営全般に関わる。2015年までは事務局スタッフ、2016年より取手アート不動産の専属スタッフ。現在、東京藝術大学美術学部特任研究員(とびらプロジェクト)。

取手アート不動産で手がけてきた事例

陶芸家の家「陶芸家の家」
普通の戸建住宅を窯とギャラリーにリノベーション。
金沢から陶芸家が引っ越してきました。

tcビル 「tcビル Atelier ju-tou」
使われていなかった産婦人科が、アーティストやクリエイターがシェアするスペースに生まれ変わりました。
展示やイベントなども行っています。

原量住宅 「減量住宅」
家を解体するにもお金がかかる…… このプロジェクトではアーティストが1年半家賃なしで暮らしながら、少しずつ家を解体・改修していきます。

参加お申し込み

下記より必要事項をご入力の上、お申込をお願いいたします。

主催:特定非営利活動法人 取手アートプロジェクトオフィス

お問い合わせ

取手アートプロジェクト実施本部

〒300-1522 
茨城県取手市高須2156 TAKASU HOUSE
TEL/FAX:0297-84-1874 (TELのみ:火・金 13:00-17:00)

 

取手アート不動産

スクリーンショット 2015-09-27 21.28.27 取手アート不動産では、取手市内にある物件のご紹介、空き家活用のための企画提案、リノベーションなどを行っています。また合わせて、アーティスト・クリエイターから寄せられた「暮らし」や「住まい」に対するアイディアをご紹介しています。
プロジェクトの様子はウェブサイトやfacebookページで更新中!

関連する記事

  • 2013年3月9、17、29日

    ちびっこ集まれ!ああーと!アートな初体験『たぷたぷクラブ』始まります!

  • 12月9日(金)~12月26日(月)

    いちねんせいのさくひんてん~そだててみたいな、こんなたね~

  • 2014年10月20日

    「あしたの郊外 –Post Suburbia−」キックオフ・シンポジウム  イベントレポート Vol.1