ベースプログラム - 中間支援プログラム

[取手市事業]取手市内の公立小学校放課後子どもクラブで活動する芸術家を募集します

終了しました 2020/10/01


放課後子どもクラブ芸術家パートナーシップ制度事業 参加者募集

取手市では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、発表や制作等の機会を失い経済的に影響を受けている芸術家を支援することを目的に、芸術と社会機能の持続可能な接点づくりのため、教育分野における芸術家の活動の場として放課後子どもクラブを設定し、市内の各子どもクラブに芸術家とのパートナーシップ制度を設置し、参加していただける芸術家を募集します。

本事業では、放課後子どもクラブで芸術家が場に関わり活動することで、そこに居合わせる児童と芸術を通した新たな関係性から、創造的な表現力や想像力を引き出す機会へと結びつけることができると考えています。これからの時代の生きる子どもたちにとって、様々な体験の機会を提供することが社会とつながる貴重なステップへとつながり、芸術家との関わりから生まれる出会いと創出の場が多様な価値観を育むアプローチとなることに期待をしています。

(1) 対象

アからエのすべての項目に該当すること。

ア 自身の芸術活動と教育分野の関わりに興味があること。
※対象となる放課後子どもクラブにおいてコミュニケーションを生み出す芸術活動であれば分野を問わない(美術、写真、演劇、舞踊、音楽、映像、映画、漫画、文学、デザイン、建築等)

イ 取手市内に住所地または活動・制作拠点があること。
※取手市への通勤通学を伴う制作や活動も対象とします。
※取手市内の特定の場所で着想を得て、表現活動・制作をおこなった実績のある芸術家も対象に含めます。

ウ 芸術活動を通じて過去に何らかの対価を受けた経験があり、今後も芸術活動を自身の主な生業として継続すること。あるいはそれを目指していること。
※対価とは、作品の購入・有償での貸出、講師謝礼、入場料・参加費を伴うワークショップや公演等の実施、芸術祭やアートプロジェクト等への招聘、制作謝礼などとします。ただし、音楽分野でのご応募の場合は、ご自身の主催事業以外での招聘・公演による対価とします。

エ 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、芸術に関連する活動機会が失われていること。
※「活動機会が失われている」要件は、延期・中止となった発表機会等を応募時にご記入いただき判断します。応募時に、具体的な情報のご提供をお願いいたします。
例:
・2020年x月xx日に◎◎ギャラリーで実施予定だった展覧会が中止となり、作品販売の機会を失った。
・◎◎芸術祭・◎◎小学校から依頼されていたワークショップ・◎◎での公演が無期限延期となり、謝礼の支払いがなくなった。等

(2) 実施対象場所

取手市内の全放課後子どもクラブ14カ所のいずれか

 

(3) 実施に関わる条件

  1. 採用人数 最大14名
  2. 1芸術家が、相談のうえ1カ所から2カ所を訪問し活動をおこなう
  3. 活動回数1カ所10回(1回の活動時間は3時間)
    ※活動日は自身のスケジュールに合わせ相談のうえ決定する
    ※活動には事前打ち合わせ、活動のフィードバックも含まれる
  4. 事業謝礼 
    4,000円/1時間、源泉税・交通費含む

((5) 消耗品費について 

1カ所 30,000円(税込)補助

(6) 募集締め切り

2020年10月20日必着

(7) 事業の実施スケジュール

 

10月下旬

参加芸術家確定

11月初旬

受入団体調整

参加芸術家顔合わせ キックオフミーティング

11月下旬〜2月下旬

活動場所との打ち合わせ・活動実施期間

3月初旬

フィードバック・振り返り

 

※新型コロナウイルス感染症の影響を受けて変動が生じる可能性もあります。

 

(8) 応募方法

【STEP1】 応募フォームにご回答ください。

フォームにご回答いただく項目
※事前にメモ帳などでご準備されるとスムースです。各記述項目について、文量は問いません。

・メールアドレス
・応募者・応募団体名
・代表者名
・電話番号
・年代
・実施に関わる条件のア〜エの確認はされましたか?
・自身の表現ジャンル
・これまで小中学校、幼稚園、保育園等の教育分野での活動機会はありましたか?(活動機会がある方は、次の回答にその内容をご記入ください)
・活動歴・プロフィール(教育分野・子どもを対象とした活動歴があれば記入をお願いします)
・自身の作品・制作に関する情報がわかるwebページ(SNS等も含む)があれば。もしくは実績を示す参考資料データが閲覧できるURL。
・新型コロナウイルス感染拡大による影響(延期または中止された活動の情報)
・子どもに「できてもできなくてもいい、やってみよう!」と思ってもらいたい時、あなたならどのようなアプローチをしますか?
・取手での制作・活動について普段感じていらっしゃること
・興味があること、情報として欲しいこと
・本事業について何で知ったか

【STEP2】事務局がデータ受け取りの確認メールをお送りし、参加申込完了です。

※本事業は、取手市内芸術家の活動状況調査も合わせて行っているため、上記応募時に活動状況に関するアンケートも含まれていますが、アンケートの回答内容が審査に影響することはございません。
※活動実績のご提出資料が不足する場合は、追加での資料提出をご依頼するか、選考の対象からはずさせていただく場合があります。
※実績を示す参考資料ご提出のメール送信後、3日以内に事務局からの返信がない場合、不着の可能性がございますので、事務局までお問い合わせください。
※オンラインでのお申し込みが難しい場合、まず事務局がお電話にて状況をお伺いさせていただきますので、その旨お問い合わせ先までご連絡ください。

(9) 応募者採用決定について

提出された内容を基に、取手市文化芸術課と特定非営利活動法人 取手アートプロジェクトオフィスにより決定します。
事業全体の監修・各実施時のコーディネートは特定非営利活動法人 取手アートプロジェクトオフィスが務めます。

※11月初旬までに全ての申込者に結果を通知します。
※参加が決定した方には、その後事務局よりご参加いただく内容やスケジュール等についてご連絡・調整をさせていただきます。

(10) 問い合わせ

事業受託者 
特定非営利活動法人 取手アートプロジェクトオフィス  
担当 倉持・羽原 
電話:0297-84-1874(火・金13:00-17:00)
メール:tap-info@toride-ap.gr.jp

(11) 事業主催

取手市役所政策推進部文化芸術課  電話:0297-74-2141(平日9:00-17:15)

関連する記事

  • 終了しました 2019年8月7日(水)9:30-12:00

    《レポート》「皮でペンスタンドをつくろう!」とりでアートの日。

  • 終了しました 2012年6月5日受付締切!

    平成24年度取手の芸術活動連携サポート事業、受付開始!

  • 終了しました 2015年3月15日

    あしたの郊外 プラン即売会開催