TAPの現在地 - 小規模特認校連携プロジェクト「創造すること、表現すること」, ベースプログラム - こどもプログラム, ベースプログラム - 中間支援プログラム

受付終了【市x藝大x前田建設xTAP】1dayサマーアートキャンプ参加者募集のお知らせ

終了しました 2023/07/15


8/3(木)、ご応募を締め切りました!ご参加申し込みありがとうございます。

参加者数に若干名の空きがあるため、募集を延長しています。申込は取手市ホームページからとなります。(申込みフォーム
追加募集の申込み締切は令和5年8月3日(木曜日)までです。追加募集のかたにつきましては「先着順」になりますので、定員になり次第募集を締め切りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。【7月28日更新】

「石と土からつくりだす」を手で、目で、体験!

取手市立山王小学校で令和3年度より取り組んでいる、アーティストと児童の交流プログラムのひとつ、「大地からはじまること」の活動を、広くみなさんに体験いただくサマーアートキャンプが今夏、はじめて開催されます。取手市、東京藝術大学、前田建設ICIセンター、NPO法人取手アートプロジェクトオフィスが連携して運営しています。現在、取手市ウェブサイトにて参加者の申込受付が始まっています。 前田建設ICIセンターを舞台に行う「大地からはじまること」が向き合う素材は、土と石。大理石を使ったモザイク画の制作体験に加えて、大地の構造をつくる基盤について知るプログラムや、施設見学ツアーもあります。 子どもたち、保護者の方、それぞれにプログラムが用意されています。これから体の中に、たねとして育っていくかもしれない夏の創作活動体験に、ぜひご参加ください。

プログラム詳細・お申し込みはこちらから

小学生と保護者で内容が異なります。
それぞれ、「石と土でつくる」をじっくり学び、楽しむ1日です。

小学生のみなさんのプログラム 大人の方プログラム
  • 「壁画」について学ぼう
  • 創作活動:モザイク画の制作
    石を割って作品をつくります
  • 昼食
    前田建設ICIキャンプでのランチ(*お弁当持参も可)
  • 土木(どぼく)講座
    前田建設スタッフによる「まちをつくる “土木”」ミニレクチャー
  • 施設見学
    前田建設のラボ(研究施設)見学
  • 創作活動:モザイク画の制作(続き)
  • みんなで感想を伝え合おう
  • 施設見学

    国指定重要文化財の甚吉邸、ICIラボ、遠心載荷装置など見学

  • 昼食
    前田建設ICIキャンプでのランチ(*お弁当持参も可)
  • 大人のための壁画講座
  • 大人のための土木講座

    前田建設スタッフによる「まちをつくる “土木”」ミニレクチャー
    遠心載荷装置や液状化現象などについて

  • モザイク画の制作見学&石割体験

プログラム概要

事前申込が必須ですので、上記URLよりご応募ください。応募者多数の場合は抽選 7月28日以降は先着順となります。
申込期限は、7月25日(火)【8月3日(木)】です

日時
2023年8月23日(水)・24日(木)9:00-17:30 のいずれか1日
会場
前田建設工業ICI総合センター(取手市寺田5270-8)
内容
大理石を使ったモザイク画制作体験・土木についての学習・施設見学など。
*小学生と保護者は別プログラムになりますので、付添いはできません。
対象
市内在住の小学3年生から5年生とその保護者
(注意)小学生のみで参加する場合は、受付までは保護者の送迎が必要となります。
前田建設工業ICI総合センター前での駐停車はご遠慮ください。
お手数ですが、取手市役所本庁舎の駐車場をご利用いただき、本庁舎から前田建設工業ICI総合センターまで徒歩での送迎をお願いします。

講師
鈴村 敦夫/常行 哲弘(いずれも東京藝術大学壁画専攻出身のアーティスト)
岩間 賢(東京藝術大学准教授・TAP半農半芸ディレクター)

定員
各日小学生20人とその保護者(1家庭お1人まで)
7月28日以降、先着順で受け付けます。ご希望に添えなかった場合はご容赦ください。
申込多数の場合は抽選となります。 抽選結果は7月31日(月曜日)までにお知らせします。
費用
● 材料費・保険代   小学生1,500円 ・ 保護者700円
● 昼食代       小学生・保護者とも1名500円
昼食は、前田建設工業ICI総合センターの食堂を利用できます。利用の希望は申込時にお知らせください。
提供されるメニューにはアレルギー対応はありません。
なお、昼食の持参も可能です。メニューは、抽選結果お知らせ時にお知らせします。

主催等

  • 主催 取手市教育委員会(教育総合支援センター)
  • 協力 前田建設工業株式会社/東京藝術大学/取手アートプロジェクト

山王小学校小規模特認校連携プロジェクト「表現すること、創造すること」について

約60名の児童が通う取手市立山王小学校の小規模特認校化に際して、同校および取手市教育委員会と連携して、芸術家が児童と通年でともに活動する仕組みづくりに2021年度より通年で取り組んでいます。
前期プログラム「となりのスタジオ(The Studio Nextdoor)」の活動では、海外にルーツを持ち、取手で学び制作する芸術家がスタジオアーティストとなり、学校の一角の教室を子どもたちと共に制作するスタジオをつくります。後期プログラム「大地からはじまること」では、身の回りにある自然である土や木々を素材として手を加える方法を学び、思い思いに形づくり、野焼きをして土器をつくるという過程の中で、ゼロからのものづくりにじっくり向き合うことを試みています。
子どもたちが芸術家と活動をともにすることで、自分の感性を表現する力と、これからの社会を柔軟な思考と視点で生きる力を支えることを目指す、学校・市・アートNPOによる連携プログラムです。

  • 実施校 取手市立山王小学校
  • 主催 取手市教育委員会
  • 協力 [前期]東京藝術大学グローバルアートプラクティス専攻/[後期]美術学部工芸専攻陶芸分野
  • 事業企画・運営 特定非営利活動法人取手アートプロジェクトオフィス​

関連する記事

  • 終了しました 2024年6月1日(土)

    ヤギの目🐐の活動に参加してみよう!「ヤギとすごす体験会」開催

  • 終了しました 2023年10月〜2024年2月

    2023年度「大地からはじまること」活動報告

  • 終了しました 2024年4月

    かわらばん4月 配布しています!