半農半芸 - 藝大食堂, 半農半芸 - TAKASU HOUSE, ベースプログラム - 国際交流プログラム

[開催告知] AIR Bridge–ARCUS Project × 東京藝術大学 Global Art Crossing × TAKASU HOUSE–

終了しました 2018/10/17


ARCUS Project × 東京藝術大学 Global Art Crossing 共同トークイベント
「アーティストが移動すること-アーティスト・イン・レジデンスという仕組み-」

主催者よりのご案内

アーカスプロジェクトと東京藝術大学 Global Art Crossing[中東]は、茨城県南を拠点とする3つのアート事業がそれぞれの活動概要と、滞在アーティストを紹介するトークイベントを共同で開催します。
リサーチベースで制作を進めるアーカスプロジェクト招聘アーティストのエリカ・セルジ、ガラスという素材に向き合う東京藝術大学 Global Art Crossingプロジェクト招聘ゲストアーティスト スティーブン・チェスキー、TAKASU HOUSE(高須ハウス)で「半農半芸」に取り組みながら制作する秋良美有。3名の世代は近いけれども異なる視点で活動するアーティストたちに共通しているのは、拠点を離れて制作をしているということ。新しい土地や文化との出会いが制作に与える影響や、拠点を変えて移動し制作する意義とは?

国際的に活躍するアーティストを育成するアーカスプロジェクト、国際交流を通して芸術教育を行う東京藝術大学 Global Art Crossing、風土を耕し芸術を実践するTAKASU HOUSEのそれぞれの個性を持った事業の性質と、現在進行形のアーティストの活動に触れる機会となります。

日時
2018年10月23日(火) 17:00-19:10 トーク・19:10-20:00 交流会 
会場
東京藝術大学取手校地 藝大食堂(〒302-0001 茨城県取手市小文間5000)
入場料
無料・申込不要 *日英逐次通訳あり

 

 

登壇者

スティーブン・チェスキー / 藤原 信幸(東京藝術大学 Global Art Crossing [中東])エリカ・セルジ / 外山 有茉(アーカスプロジェクト)秋良 美有 / 岩間 賢(TAKASU HOUSE)

 

東京藝術大学 Global Art Crossing [中東]とは

文部科学省「大学の世界展開力強化事業」として平成27年度に開始された東京藝術大学の国際交流プロジェクト。トルコのミマールシナン大学、アナドール大学、イスラエルのべツァルエル美術デザインアカデミー3校との交流を対象とする。

TAKASU HOUSEとは

取手アートプロジェクトの《半農半芸》の活動拠点として2013年春にオープン。茨城県取手市高須地域・小貝川のすぐそばの元農協事務所の建物をセルフリノベートし、スタジオ・ラボ・ギャラリー・オフィス・多目的スペースを備える。アーティストやデザイナー、建築家、研究者などのクリエイターが、大地や風土と向き合いながら地域の方々と協同し、これからの「生きるコト」「住まうコト」を考える場をつくろうとしている。

AIR Bridgeとは

25年目を迎えるアーカスプロジェクトの経験と歴史を元に、様々なアーティスト・イン・レジデンス(AIR)運営団体、またはこれから運営を始めようとしている団体と協働することで、ノウハウを共有し、これからの互いの事業運営の発展に生かすことを目的とするアーカスプロジェクトの平成30年度の新規事業。

共催

アーカスプロジェクト実行委員会・東京藝術大学 Global Art Crossing [中東]

協力

取手アートプロジェクト

関連する記事

  • 終了しました 2011/8/21

    【募集】8/21(日)チーム対抗穴掘り合戦〜研究会vol.2

  • 終了しました 2014年10月20日開催

    新プロジェクト「あしたの郊外-Post Suburbia-」キックオフ・シンポジウムを開催します!

  • 終了しました 2011年7月~

    半農半芸プロジェクト概要