半農半芸 - TAKASU HOUSE

勉強会・研究会 「ミツバチ社会とヒト社会の比較論、ミツバチからの警鐘」

終了しました 2012/12/19


ゲストに玉川大学農学部教授・佐々木正己氏をお招きし、
ミツバチ社会の生態系と人間社会を比較する研究についてのお話をしていただいた。

開催概要
日時:2012年 12月 19日(水) 17:00~19:00 入場無料
会場:東京藝術大学取手校地メディア教育棟2階第一講義室

芸大生から、市内外の一般参加者など、様々な世代が集まる場となった本レクチャーは、
巣の中で一つの共同体として集団生活をおくるニホンミツバチの集団行動の特徴や
ニホンミツバチの脳の仕組み、生態系の変化から分かるようになった自然環境の変化など、
内容は多岐に渡った。

(奥村)

関連する記事

  • 開催中

    かわら板「高須で揚げたい!大空凧への道④」配布しています!

  • 終了しました 2022年1月23日(日)

    レポート:大空凧プロジェクトー高須で空あそび

  • 終了しました 2022年2-3月号

    みのりランチ月報2-3月合併号をお届けします