TAPの現在地 - たいけん美じゅつ場 VIVA

公募企画VIVA AWARDはじまります!

終了しました 2021/03/03


取手駅にオープンした、たいけん美じゅつ場「VIVA」で
1年間を通してアートの新しい形をさがす実験を募集します。

取手駅直結のたいけん美じゅつ場VIVAは、藝大のオープンアーカイブ、市民ギャラリーや工作室、パークやライブラリー、プロジェクトルームを設けた新たな文化交流拠点です。この度、VIVAを舞台に実験的かつ創造的で、場の特性を活かしたプランを募集します。選ばれたプランにはプラン実施に対するサポートの他に、フェローアーティストとして、1年間のVIVA施設利用権を授与します。VIVAのサポート体制を十分に活かし、VIVAから世界へ、広く活動するアーティストとなることを期待します。詳しくはこちらをご覧ください。

 

募集期間

2021年2月19日(金)ー3月19日(金)

採用企画

1プロジェクト

支援内容

・活動支援金 :40万円(税込み)

・展示会場:とりでアートギャラリー

 (※プロジェクトに応じてVIVA4Fフロア内であれば別会場提案可能)

・VIVAスタッフによる運営面での補助、助言

・VIVAフェローアーティスト

・広報支援

審査員(敬称略)

・能勢陽子(豊田市美術館 学芸員)

・レオナルド・バルトロメウス(山口情報芸術センター キュレーター)

・田村かのこ(Art Translators Collective アート・トランスレーター)

・森純平(VIVA共同ディレクター)

企画実施期間

2021年4月-2022年3月
 ※実施期間については相談の上、決定します

企画形式

VIVAの場所性を活かしたプロジェクト。ジャンルは問いません。

使用会場:たいけん美じゅつ場VIVA とりでアートギャラリー

    (プロジェクトによってVIVA内別会場が提案可能です)

応募資格

以下の条件をみたす方

①企画メンバーが2名以上の複数人。少なくとも1名は日本語でのコミュニケーションが可能であること。  

② 一次選考を通過した場合、二次選考に必ず出席できること。

③応募者を責任者とし、企画の準備、実施から撤去まで責任を持って遂行できること。

④VIVAスタッフと円滑なコミュニケーションが取れること。

たいけん美じゅつ場「VIVA」とは?

アートを通じたコミュニケーションによって、社会とつながる入り口となることを目指した文化交流施設です。

「VIVA」はまちのなかの居場所です。お弁当を食べる、お茶を飲む、本を読む、友達とおしゃべりする、いつもとは違う場所で仕事をしてみる、もちろん目的が何もなくてもいい。 もしも、新しいことに挑戦したくなったら。アートを誰かとみてみたり、ものづくりをしてみたり、そこでおこっていることに参加してみてください。出会いときっかけがたくさんある居場所、それが「VIVA」です。
VIVAは取手市、東京藝術大学、東日本旅客鉄道株式会社東京支社、株式会社アトレの4者が連携し運営しています。(運営業務受託:NPO法人取手アートプロジェクトオフィス)

ウェブサイトはこちら
https://www.viva-toride.com/

 

関連する記事

  • 開催中 2020年10月〜

    定点観測 バナーについて

  • 終了しました 2020年2月29日(日)

    【中止となりました】たいけん美じゅつ場オープン記念フォーラム

  • 終了しました すごし方研究室 2019年10月12日(土)

    藝大ですごす日 アトラス展&先端プライズ展