TAPの現在地 - たいけん美じゅつ場 VIVA

【募集締め切りました。】アート・コミュニケータ「トリばァ」|たいけん美じゅつ場で活動する新たな仲間を募集!

終了しました 2022/04/01


3期トリばァ募集!(募集締め切りました。)

アート・コミュニケータ「トリばァ」は、たいけん美じゅつ場を拠点に、アートと人、人と人をつなぐコミュニケーションを育み、地域や社会の中に新しい価値観や文化を生み出す活動を行っています。トリばァ同士のコミュニケーションを大切にしながら、それぞれの自分らしさが発揮できる活動の主体となるトリばァ(アート・コミュニケータ)を20名募集します。
東京藝術大学×JR東日本×取手市×株式会社アトレによる産官学連携事業であるたいけん美じゅつ場を舞台に、人、アート、文化、駅ビル、地域、などの垣根を超える新たなコミュニケーションを仲間たちと一緒に創造しませんか?取手市で20年以上アートプロジェクトを展開し、地域とアートを結びつけてきた「取手アートプロジェクト」のメンバーや、東京藝大の教員、そして第一線で活躍中の専門家を中心としたチームで、「トリばァ」の活動をサポートします。

—————————-
応募期間

2022年3月21日(月)〜4月24日(日)
*消印有効

応募条件や方法について・応募用紙のダウンロードはこちら
https://www.viva-toride.com/artcommunicator
—————————-

 

「たいけん美じゅつ場 VIVA」は、駅ビルの中にあるアートと地域社会を接続する文化交流施設です。アート・コミュニケータ「トリばァ」の活動では、互いの異なる価値観を尊重し、安心して一緒に居ることができるフラットな場を目指しています。

トリばァの活動例:
・人々のつながりを大切にした新しい対話の場(コミュニティ)づくり
・東京藝大卒業生の作品を通してコミュニケーションを育む鑑賞プログラム
・アートを活用し、自ら学び考えることを育む鑑賞授業の実施(学校との連携)
・アーティスト、鑑賞者、トリばァ、それぞれの発見を共有し作品の価値をつくる
・個々人の異なる価値観が受容される社会やコミュニティ作りについて、専門家と一緒に学ぶ
・東京都美術館や全国各地で活動するアート・コミュニケータたちとの交流
・取手市内や近郊で開催されるアートプロジェクトへの参加

たいけん美じゅつ場について
⏩ https://www.viva-toride.com/#about

 

たいけん美じゅつ場、トリばァについてもっと知りたい方へ

2022年3月27日(日)にフォーラムを開催し、私たちの活動について詳しくお話ししました。
アーカイブを公開しておりますので、ぜひご視聴ください!

 

関連する記事

  • 終了しました 2022年3月27日(日)

    フォーラム+ワークショップ「サステイナブルなコミュニティを駅ビルで育むーそれぞれの「自分らしさ」に耳を傾けて」を開催しました!

  • 終了しました 第三弾:2022年3月21日(月・祝)

    2022春のジッケン・ツアー!第3弾は藝大取手校地で野外活動

  • 終了しました 第二弾:2022年3月19日(土) *予備日3月20日(日)

    2022春のジッケン・ツアー!第2弾は自転車でスタジオビジット