TAPの現在地 - 定点観測  事務局長エッセイ

定点観測 バナーについて 2020−2021

終了しました 2020/10/29


 

2020−2021 バナー制作アーティスト紹介

 

竹山真熙 たけやま じーに

ペインター。東京藝術大学大学院 先端芸術表現専攻在籍。 身体と絵の関係性について、自分の身体感覚を軸にアプローチしている。

作家コメント
目まぐるしく変化する、そんな日々に私の絵の筆致が合いそうとお声がけ頂きました。少しでもTAPのホームページを訪問する方の心に寄り添うような絵を提供できましたら幸いです。

・ ・ ・

 

2020年10月からスタートした事務局長エッセイ。
バナーは藝大食堂にいる日々のなかで出会った竹山真熙さんに制作いただきました。
藝大取手校地では、あんまり知られていないけれど学外に向けて学生が発表する機会が年に幾度かあります。竹山さんは2020年度10月のアトラス展で作品を発表されていました。その画面のうつろう体とその筆致が、刻々移り変わるいまの活動とリンクし、ご相談をしたところお受けいただきました。まずは1年間、日々の現場から見える風景を、竹山さんのバナーとともにお届けします。

  • 現在公開されている記事はこちら

関連する記事

  • 終了しました

    レポート:令和3年度 芸術家パートナーシップ「放課後アートの時間」

  • 終了しました 2022年3月27日(日)

    フォーラム+ワークショップ「サステイナブルなコミュニティを駅ビルで育むーそれぞれの「自分らしさ」に耳を傾けて」を開催しました!

  • 終了しました 【応募期間を延長しました。〜4/24(日)締め切り!消印有効まで】

    【募集締め切りました。】アート・コミュニケータ「トリばァ」|たいけん美じゅつ場で活動する新たな仲間を募集!