ベースプログラム - 中間支援プログラム

宮和田小学校 ラッキークラブ 活動レポート

終了しました 2021/01/06


各クラブ活動レポート

宮和田小学校 ラッキークラブ (2021/01/06~02/24の8日間)

芸術家:近藤康平

近藤康平が行ったのは、クレヨン・色鉛筆・カラー水性ペン・ボールペン・グリッターのり・パステルなど、多種類の画材を自由に使って絵を描くプログラムです。初日は近藤のライブペインティング(音楽に合わせて絵を描く様子をプロジェクターで投影した)の鑑賞から始まり、その後「絶対犬に見えない犬」「自分の気持ちを色や形で描く」など日ごとに変化していくテーマに沿って、子どもたちも即興的な絵に取り組んでいきました。後半は描く支持体も画用紙から模造紙を繋げた巨大な紙に変化し、個々の活動からみんなで描く活動へ。更にはプロジェクターを用いたライブペインティングやその動画撮影にも挑戦するなど、絵を描く行為の幅広さを体験しました。
豊富な画材の中でも、パステルやグリッターのりなど普段の授業では縁のないものを好んで使う子どもたち。時には数人で辺りを粉塗れにしまうこともあり、画材の整理や床の養生などの対応をしていきました。「絵の具まみれになって思い切り描いて欲しい」という芸術家の思いはありつつも、現場に合わせて可能な範囲を探り、支援員の手助けや「こうしたら面白くなると思う」といった積極的な提案ももらいながら活動を充実させることができました。

近藤康平(こんどう こうへい/ライブペインティングパフォーマー・絵描き)
鳥取大学大学院農学研修士課程卒業、大学では森林学を学ぶ。ライブペインティングパフォーマーとしては各種フェス・ライブハウス・セレモニーでのライブペインティングで公演を行う。絵描きとしては個展、服飾ブランド提供、書籍装丁、CDジャケット舞台美術、さまざまな「絵」のジャンルで活動し、その範囲は日本から台湾、NYなどへと広がっている。
写真上、下右 撮影:横山渚

関連する記事

  • 開催中

    レポート:令和5年度 芸術家パートナーシップ事業 放課後アートの時間@子ども教室

  • 終了しました 2023年8月23日(水)・24日(木)

    【市x藝大x前田建設xTAP】1dayサマーアートキャンプレポート

  • 近日開催 2023年10月25日(水)18:30-20:30

    多様をほぐすストレッチ #2 「セクシュアルマイノリティが生きていくための居場所と仲間」