ベースプログラム - 人材育成プログラム, 半農半芸 - 藝大食堂

「取手から世界とつながるアーツ・センター大構想大会」取手アートパス2018参加企画:公開トークセッション

2018/11/15


取手で「アーツ・センター」を実現するなら、どんな場所になる?
それぞれの視点からアイディアを投げかけ、将来像を語ります。

あしたの郊外をまなざすアートプロジェクトとして、今TAPが抱いている目標は「アーツ・センター」です。

2010年度の通年型プロジェクトへのシフト後、いこいーの+TAPPINOと高須ハウス、それぞれの拠点で、顔の見える方々とつくってきたアートプロジェクト。2015年度からのTAP塾で「めざせ!コミュニティ+アート・センター」として継続してきた取手ならではのアート・センターを目指すリサーチ。
 その活動の流れの中でTAPは2017年10月から東京藝術大学取手校地の中で「藝大食堂」をスタート。地域や社会に向けて場を開くことを考えはじめました。
藝大のなかで芸術家を志して学ぶ学生。自身も表現活動を行いながら彼らを育てる人。食堂が地域に開かれて、藝大に足を運びはじめた地域内外に暮らす方々。

そんな人びとの行き来に日々出会いつつ、社会と芸術のあわいに立ってつなぐ役割をここでもTAPが持てるとしたら、植物も人間も多様性とても豊かな取手校地でどのような場を実現するために走るといいのだろう。

そういったことをいっしょに考えはじめるためのトークセッションを実施します。

学内外問わず、取手校地が持つ多様な可能性をおもしろがって耕すはじまりの2時間にぜひご一緒ください。

開催概要

日時
2018年12月2日(日) 17:10-19:00 参加無料・事前申込優先
会場
藝大食堂

トーク参加者

  • 日比野克彦(東京藝術大学美術学部長/先端芸術表現科教授)
  • 羊屋白玉(指輪ホテル芸術監督/劇作家/演出家/俳優/TAPアート・センター・リサーチパートナーアーティスト)
  • 薗部秀徳(東京藝術大学美術学部工芸科講師・共通工房代表)
  • 田中勘太郎(取手校地学生代表・東京芸術大学先端芸術表現専攻 修士2年)
  • 岩間賢(美術家/愛知県立芸術大学美術学部准教授/藝大食堂統括ディレクター)
  • 熊倉純子(東京藝術大学国際芸術創造研究科長・同教授/音楽環境創造科教授/TAP実施本部長)

 

聞き手

    • 森司(アーツカウンシル東京事業推進室事業調整課長/東京アートポイント計画ディレクター)

 

  • 宮崎葵衣(東京芸術大学先端芸術表現科学部3年・取手アートパス2018実行委員長)
  • 横井駿斗(東京芸術大学先端芸術表現科学部2年・取手アートパス2018実行委員長)

事前申し込み優先・予約はこちらから

「12/2公開トークセッション参加希望」と件名にご明記のうえ、tap-info@toride-ap.gr.jpまでお申込者のお名前と人数をメールにてご連絡ください。

 

主催

東京藝術大学 国際芸術創造研究科
助成:文化庁 平成30年度大学における文化芸術推進事業

企画/お問い合わせ

取手アートプロジェクト実施本部
TEL:0297-84-1874 (火・金 13:00~17:00)
E-mail:tap-info@toride-ap.gr.jp

関連する記事

  • 2014年10月31日-11月16日

    「色からはじまること 秋本貴透×岡博美展」開催

  • 2/7,8,10,13,17,20 TAKASU HOUSE

    アーティスト・イン・レジデンス「‰」:線からはじまること 青山健一 特別上映会

  • 【TAP塾】藝大食堂アート・センター化計画 特別研究員募集