半農半芸 - 大空凧プロジェクト

レポート:大空凧プロジェクトー凧の大きさ体感編ー

終了しました 2021/09/20


かつて取手市高須地区で地域一丸となって行われていた凧揚げ。半農半芸では地域の風物詩だった凧揚げの八畳凧を高須地区の素材をから制作し、2022年1月23日に大空に飛ばすことを目ざす「大空凧プロジェクト」の様子をレポートしていきます。

9月のまだ暑い日、旧高須小学校の体育館のステージの上にに10年以上眠っていた凧2枚を運び出しました。

「高須」と書かれた大きな凧を大人5人がかりで移動し、体育館の入り口では声を掛け合いながら凧の骨組みをたわませ、その大きさを体感しました。

 

関連する記事

  • 終了しました プレオープン中:10月2日(月)-2018年1月末、2018年4月からグランドオープン予定

    東京藝術大学取手校地「藝大食堂」プレオープンのお知らせ

  • 終了しました 2014年2月1日土開催、参加申込は1月26日まで!

    2/1土、TAKASU HOUSEお披露目会+フォーラム開催!-半農半芸

  • 終了しました 2019年4月8日(月)-19日(金)

    「丁 子真 HOMO SAPIENS」開催のご案内|藝大食堂ギャラリーにて