TAPの現在地 - 小規模特認校連携プロジェクト「創造すること、表現すること」

レポート:2023年度『大地からはじまること』第5回、そして成果展示へ

終了しました 2024/03/25


『大地からはじまること』第5回では、ついに野焼きを開催!
実は、2月6日(火)に予定していたけれども、当日が大雪。見事に天気に好かれてしまい、延期となってしまいました。

改めて、2月20日(火)、半年間の集大成として、今までつくった作品を焼いて完成させました。

朝6時、校庭で火をつけ始めます。
夜明け前に火が燃える様子を見守ろうと、頑張って早起きをしたご家族の姿も。

作品を徐々に薪や枝で覆って、焼いていきます。
前回までの授業で、子どもたちや保護者の方が割った薪を使います。

神保さんから、野焼きのやり方について紹介。

活動では、本年度はじめて、火についてのレクチャーと実験もおこないました。
火の危険性や、災害時・キャンプ時に火を使う際の心構えなどについて、岩間ディレクターから説明を受けました。

子どもたちも、実際に火をつけて、植物の種類ごとの燃えやすさなどを体感。
井の字に薪を組んで、杉の葉、竹チップ、ウッドチップをもやしてみます。
土を使って火を消す方法も学びました。

使ったのはU字溝。
災害が起こった時にも、火を起こすことができる仕組みとして使えることを思い出せると、ごはんが炊けるかもしれないし、暖を取れるかもしれないね、ということを期待する防災意識にもつながっています。

午後1時半過ぎ、無事に野焼きが終わりました。
自分の作品はうまく焼けたかな? とドキドキしながら見守る子どもたちの前で、次々と灰の中から作品が取り出されていきました。

晴れてとっても暑く、熱い野焼きの1日でした。
野焼きで作品を仕上げてくれた神保先生はじめ、東京藝大の陶芸専攻の卒業生・院生のサポートもあり、無事に完成することができました!

焼き上がった作品は、翌々日から一週間、取手駅アトレ内の市民ギャラリーで展示されました。

こうして、『大地からはじまること』3年目の活動も無事終了しました。
土と火の使い方を、楽しみながら体験・実験して、学んでいく時間になりました。

関連する記事

  • 終了しました 2023年5月〜7月

    2023年度「となりのスタジオ ーつぶから形への旅ー」

  • 開催中 2024年1月〜

    TAP25公演に向けて、noteがスタートしました

  • 終了しました 2024年2月24日(土)*雨天延期 3月2日(土)

    2024春のジッケン・ツアー!自転車でスタジオビジットvol.3