レポート

2010年に活動のかたちを変え、通年型となった取手アートプロジェクトの活動が育つのは日常の中。コアプログラム《アートのある団地》と《半農半芸》、そして社会と芸術の多様な接点をつくることを試みるベースプログラムの取り組みを小さなことから大きなことまで、決まったことから考え中のことまで、こちらのページでレポートします。

  • 取手アートプロジェクト広報紙「あしたの郊外」定期購読申込

  • 随時配布中&定期購読受付中

    TAP広報誌「あしたの郊外」創刊号、発行!